福岡デザイン専門学校 デザイン塾 「未来デザインステージ」
by miraidesign
カテゴリ
概要
2010
2009
2008
2011
以前の記事
2011年 06月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
link
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
未来デザインステージ2011
未来デザインステージ2011始まりました。

今年は本校開校15周年記念行事の一環として開講されています。
未来デザインステージの詳しい概要につきましてはこちらを御覧ください。

--------------------------------------------------------------------

未来デザインステージ11 プログラム


第1回  6月23日(土)  前崎成一氏(デザイナー) 本校教室

第2回  7月30日(土)  有馬裕之氏 (建築家) 本校教室

第3回  8月6日(土)   築城則子氏(染織家) 松岡恭子氏 (建築家)   ソラリアゼファ

第4回  9月14日(土)  シンポジウム  赤坂中央市民センターホール 
[PR]
# by miraidesign | 2011-06-28 10:25 | 概要
第5回未来デザインステージ
デザインステージ2010もいよいよ最終回。今回はウルトラグラフィックス主催、クリエイティブディレクター/グラフィックデザイナーの山田英二氏をお招きして、未来デザインステージ初の講義スタイルで2日間行われました。

山田さんには3年前にも一度、デザインステージ2008、その第1回目の全体講義をしていただきました。

e0157963_94599.jpg
山田英二氏



一日目は、前もって受講者達に出されていたお題(自分の好きな映画、音楽などをテーマにしたポスター制作)について、それぞれプレゼンテーションが行われました。

プレゼンテーションが終わると、今度は山田さんが一人ずつ講評をしていきました。
e0157963_1232415.jpg

そして終了時に2日目のお題が出されました。今回作成されたポスター全体の中から3つを選び、その中の一つを作り替える。つまり他人の素材を使ってポスターを作るというお題です。学生の間は自分で描いたイラスト、自分で撮った写真を使って作品を作ることは多いですが、プロの現場は他人の作品を使うことが多い。それを想定しての課題です。

2日目はさっそく、昨日出されたお題に対する回答、作成したポスターのプレゼンテーションから始まりました。学生のプレゼンが終わると、まず講評をする山田さん。なかなか厳しい言葉が続きます。例えば、文字の扱い、そのポスターで何を伝えたいかなど、様々なことを指摘されていました。

e0157963_12224351.jpg

そして圧巻だったのが、学生が作ったポスターのデータを山田さんがその場で動かし、解説していったのですが、ポスターの完成度が一瞬にしてどんどんあがっていく!プロの凄さと、自分たちの甘さを知ることができた2日間だったのではないでしょうか。

山田さん、ありがとうございました。
[PR]
# by miraidesign | 2010-09-10 14:50
福岡デザイン専門学校 未来デザインステージ10 第4回谷尻誠氏
未来デザインステージ10、第4回のゲストはサポーズデザインオフィス代表の谷尻誠氏です。

e0157963_16415487.jpg
谷尻誠氏

谷尻誠氏は、広島、東京に拠点を置きながらも、ミラノサローネなど世界的に活躍されている建築家。

e0157963_16422081.jpg
講義はまずバスケットを例にしての意識の持ち方、人と人とのコミュニケーションの話に始まり、「はじめて考えるときのように」という本をおすすめいただき、未経験であることの強さのについてのお話、そして、住宅など空間デザインのお仕事と考え方をお話いただきました。
軽快ながらも説得力のある氏のトークに受講者たちはもちろん、私たちスタッフも聞き入って、
あっという間の3時間でした。

e0157963_16423375.jpg
後半は受講生からの質問に丁寧に答えていただきました。

谷尻先生ありがとうございました。
次回はクリエイティブディレクター・グラフィックデザイナーの山田英二氏です。


| posted byH.Y |
[PR]
# by miraidesign | 2010-09-03 16:57 | 2010
福岡デザイン専門学校 未来デザインステージ10 第3回城谷耕生氏
未来デザインステージ10、第3回のゲストはStudio Shirotani 代表の城谷耕生氏。
「デザインという仕事の新たな可能性」というテーマで講義をしていただきました。

e0157963_12323373.jpg
城谷耕生氏

城谷氏は長崎県雲仙市小浜町に事務所を持たれながら
全国区の活動をされているデザイナー。

前半は、これまでに手がけられた空間設計からはじまり、エンツォ・マーリ氏とのお仕事、プロダクトデザイン、そして企業ディレクションから地場産業での活動まで多岐に渡るデザイン活動を講義していただきました。
e0157963_12332113.jpg
受講生が様々なお仕事の資料を見せていただいています。


・デザインした行為によって、何か社会が改善していく
・デザインすることにおいて、自分が消費されていくのではなく超えていく、自分がいま出来る知識だけで仕事を終わらせない。

といった城谷氏の活動に受講生は大きな刺激を受けたのではないでしょうか。

e0157963_12333479.jpg
後半は、江副氏、受講生からの質問に丁寧にお答えいただきました。


城谷先生ありがとうございました!
次回は建築家の谷尻誠氏です。


| posted byH.Y |
[PR]
# by miraidesign | 2010-07-16 13:32 | 2010
福岡デザイン専門学校 未来デザインステージ10 第2回下城進一郎氏
未来デザインステージ2010、第2回目は株式会社ジッジーノ代表、ファッションデザイナー/グラフィックデザイナーの下城 進一郎氏をゲストにお招きいたしました。テーマは「デザイン放浪のススメ」。

下條さんはグラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートされ、その後NYに渡りアーティストとして活動後、近年はファッションデザイナーとしてもご活躍されています。そんな異色の経歴をお持ちの下條さんの「デザイン放浪のススメ」。とても興味深い内容となりました。

e0157963_1243164.jpg
下城 進一郎氏


下條さんは『UNDER CASTLE』というメンズのアンダーウェアのブランドを展開されています。ファッションのデザインを始めたきっかけは、元来洋服が大好きで、自分でリメイクなどをしていくうちに「意外と簡単に作れる」と気がついたからだそうです。

しかし、やるからには新しいことをやりたいと思い、下着でもあり、そのままファッションにもなる「クロスウェア」を考えついたそうです。

ブランドを立ち上げた翌年に東京コレクションに参加されていますが、その参加までの経緯のお話が非常に興味深い内容でした。なんと、自らイベントのトップの方に売り込みに行かれたとのこと。

そういった下條さんのファッションに対する情熱がたくさんの人々を巻き込み、様々なジャンルの人々を結びつけていく…そんな人との出会いが下條さんを支えています。
e0157963_1294516.jpg
後半は学生全員が質問する大質問タイム。ひとつひとつ丁寧にお答えいただきました。


今後は海外展開も検討されているそうで、身近なこの福岡という街を拠点に世界と勝負をしている人がいるということに、学生はやる気を刺激されたことでしょう。

下城先生ありがとうございました!

次回7月10日(土)第3回のゲストは、プロダクトデザイナーの城谷 耕生さんをお招きいたします。
[PR]
# by miraidesign | 2010-07-09 10:13