福岡デザイン専門学校 デザイン塾 「未来デザインステージ」
by miraidesign
カテゴリ
概要
2010
2009
2008
2011
以前の記事
2011年 06月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
link
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
福岡デザイン専門学校 第3回未来デザインステージ09 矢作昌生氏
未来デザインステージ09もいよいよ中盤にさしかかってきました。第3回目は矢作昌生建築設計事務所/一級建築士事務所代表、建築家の矢作昌生氏をゲストにお招きいたしました。テーマは「デザインという解決手法」。


e0157963_10401137.jpg
建築家 矢作昌生氏


前半はご自身の設計された住宅を中心に、スライドを使用しての講義でした。
スライドは「simultaneous design solution」(同時に考えて同時に解決する手法としてのデザイン)という一文で始まりました。

講義の中で矢作先生がおっしゃられた、

「バラバラに存在している要望を1つ1つ対処療法的に解決しようとすると、何をつくっているかよくわからないものができてしまう単純な1つのことをすることで、すべてが解決するということが実際にあるのではないかと思っている」

「毎回、たくさんの余条件の中でもっとも少ない方法ですべてを解決するものを探そうとしている」

という言葉が印象的でした。


e0157963_12284384.jpg
講義中、受講者は真剣にメモを取っています


後半は、建具屋さんの施工による住宅や、バスターミナルの屋根、最新の住宅までといった様々なプロジェクトについての講義。
講義の中で、デザインのお話をパソコンのキー配列や、イチローのバッティングとからめて話される柔軟さ、おもしろさに受講者も引き込まれていました。


最後に、受講者からの質問に答えていただきました。

e0157963_12285358.jpg
矢作先生が子供の頃にいつもいわれていたという

「自分のやりたいことは1番になれ」

という言葉に刺激を受けた受講者は多かったのではないでしょうか。

矢作先生ありがとうございました。
次回は7月24日金曜日、ゲストはCMディレクターの中島 信也氏です。


| posted byH.Y |
[PR]
# by miraidesign | 2009-07-13 12:34 | 2009
福岡デザイン専門学校 第2回未来デザインステージ09 先崎哲進氏
未来デザインステージ09、第2回目はTETUSIN DESIGN OFFICE代表、グラフィックデザイナー、アートディレクターの先崎 哲進氏をゲストにお招きいたしました。テーマは「これまでの仕事、これからの仕事」。
e0157963_15311631.jpg


前半に見せて頂いた作品は、「グラフィックデザイン」という言葉ひとつでは括ることはできず、まさに未来デザインステージの大きなテーマである「デザインの越境」を体現したものでした。
創作活動も積極的に行われており、アート/デザインという二つの領域についても、深く考えさせられました。

後半はいつものように質問タイム。

先崎氏がモチーフとして植物を使用されることが多いのは、20代前半に訪れた京都、そこで目にした庭の美しさに感激したことが影響しているそうです。氏のデザインからは「昔と今、古いものと新しいもの」、そのどちらともを大切にされている印象を受けました。

また、「なぜシルエットのキャラクターが多いのか?」という質問に対しては、その秘密を少しだけお話していただきました。その他、様々な質問が飛び交いました。学生たちの質問は毎度鋭くなっているような気がします。
e0157963_14484493.jpg

学生時代につくられた貴重な作品も見せていただきました。学生達は今の自分と同じ年頃につくられた作品を見て、何を感じたでしょうか。

先崎先生、どうもありがとうございました。

次回は7月11日土曜日。げストには建築家の矢作 昌生氏をお招きいたします。
[PR]
# by miraidesign | 2009-06-29 11:52 | 2009
福岡デザイン専門学校 第1回未来デザインステージ09 井手健一郎氏
6月13日、未来デザインステージ09が開講しました。
第1回目のゲストは建築士であり、今年も4月24日から5月6日にかけて開催されたデザイニング展の企画・プロデュースを手掛けられているリズムデザイン代表の井手健一郎氏。
「デザインしないことをデザインする」というテーマで講義をしていただきました。


e0157963_18304554.jpg
建築家 井手健一郎氏


前半は、ご自身の卒業設計から、今まさに建てられている最中の住宅まで様々なプロジェクトを見せていただきながらの講義。

「建築家とは翻訳者である」

という言葉が今回の講義のキーワードでした。

翻訳者とは表現者の対義語としての意味であり、
いろいろな条件がある中で現状をいかに読み解いていくのか。
そして、どのようなかたちをつくったのかではなく、どのようにかたちをつくったのかが建築家やデザイナーには大事である。
ということをプロジェクトをみせていただきながら講義していただきました。


e0157963_18312228.jpg
後半は学生からの質疑応答に答えていただきました。


井手先生ありがとうございました。

次回は6月27日。
ゲストはグラフィックデザイナー・アートディレクターの先崎哲進氏です。

| posted byH.Y |
[PR]
# by miraidesign | 2009-06-15 19:14 | 2009
福岡デザイン専門学校 未来デザインステージ09
e0157963_21194146.jpg

昨年に引き続き、デザイン塾「未来デザインステージ」を開講いたします。
それに伴い、現在、受講者を募集しています。
詳しい概要は こちら をご覧ください。

------------------------------------------------------------------

開講日時/内容  

 第1回 6月13日(土)ゲスト :井手 健一郎氏(建築家)

 第2回 6月27日(土)ゲスト :先崎 哲進氏(グラフィック・デザイナー、アート・ディレクター)

 第3回 7月11日(土)ゲスト :矢作 昌生氏(建築家)

 第4回 7月24日(金)ゲスト :中島 信也氏(CMディレクター)
 
 第5回 8月 8日(土)ゲスト :事情により匿名(ファッションデザイナー)

 第6回 8月24日(月)
       ~25日(火)ゲスト :佐藤 俊郎氏(環境デザイナー)

講義時間 13:00 ~ (120分~180分)を予定

場所 本校教室
[PR]
# by miraidesign | 2009-06-01 15:42 | 2009
福岡デザイン専門学校 第5回未来デザインステージ2008 二俣公一氏
未来デザインステージもいよいよ最終回!!
第5回目はテーマを「境界を越える愉しみ -アンプからリノベーションまで-」とし、
講師に空間デザイナーのCASE REAL代表 二俣公一氏をお招きいたしました。

e0157963_13544015.jpg
空間デザイナー 二俣公一氏


前半はプロダクトデザインから空間デザインまで,多岐に渡るお仕事を見せていただきながら、
それらをどのようなことを考え、製作されたかということ等のお話をお聞きしました。
若くして世界を舞台にされている二俣氏のお仕事は、受講生にとっても刺激的なものだったようです。


後半はプロデューサーの江副氏や受講者全員からの様々な質問に応えていただきました。

e0157963_13551917.jpg
e0157963_13552834.jpg
全員にマイクがまわってきて質問するということで、受講生は緊張しつつも真剣な表情です。


-自分がどう考えてどういうものを表現していきたいか、
 その考えがきちんと反映されているかということに気をつけている。

-ただ機能的、合理的ということ以上に気持ちいいとか楽しいを提供することが大事。

という言葉から、二俣氏のデザインに対する信念を感じとることができたのではないでしょうか。


二俣先生、どうもありがとうございました。
[PR]
# by miraidesign | 2008-12-22 16:07 | 2008